スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリウス9月の結果

シリウス9月のリアルテスト結果を載せます。

リアルテストとシリウスホームページの違いが気になります。
また、利確20円LC60円では前回も書いたように勝つのは難しいのでリアルテストは今回で終了です。
金額を変えてバックテストをしたいのですが、シリウスではできないようです。
トレードスタジアムではバックテストできるのですが。
楽天RSSを使うのは、コストはかなり有利なのですが、さてどうしたものか悩むところです。

シリウス9月の結果
スポンサーサイト

自動売買シリウスの8月の結果

日経225の自動売買ソフト「シリウス」のリアルタイムテスト8月の結果です。

シリウスは条件を満たすと無料で手に入ります。

8月の設定は、利確20円損切り60円です。
この設定だと3勝1敗でトントンになり4勝1敗(勝率80%)で利益が20円なので、スリッページ手数料を考えると利益になるのは難しいと思います。ですので無料なのでしょうね。

気になる点は、リアルテストとシリウスホームページ「http://siriussystem.blog72.fc2.com/」の内容が異なる点です。理由はおそらくは、楽天RSSが切断され自動で再接続するのですが、その時に売買タイミングがずれるのかなと思うのですが? 売買内容を下記に上げます。

フォワードテスト

2010年 リアルテスト、 ホームページ (空欄は取引なし)
8月1日
8月2日 20  
8月3日 -60 20
8月4日  20
8月5日 -60  -60
8月6日 -60 20
8月7日
8月8日
8月9日
8月10日 20 20
8月11日 -60 20
8月12日 -10 20
8月13日 20 20 13日フォワードテスト忘れ。HPのデータ
8月14日
8月15日
8月16日 20 20
8月17日 20 20
8月18日 -60 -60
8月19日
8月20日 20 20
8月21日
8月22日
8月23日 20 20
8月24日 20 20
8月25日 -10 -10
8月26日 20 20
8月27日 20 20
8月28日
8月29日
8月30日 20 -60
8月31日 -60 -60
リアルテスト合計 -160 ホーページ合計 30

日経225先物の自動売買ソフト

ポートフォリオのひとつとして、システムトレードはいかがでしょうか。
株式会社トレード・システムズの自動売買ソフトがあります。

日経225の自動売買ソフトはトレーダーズ証券のトレードスタジアムを使うものがほとんどですが、株式会社トレード・システムズの自動売買ソフトは楽天RSSを使っています。
楽天を使うメリットは、2010年7月時点では先物口座を持っていれば無料で利用できることです。
楽天証券

トレーダーズ証券で自動売買を行うには月額5,250円が必要なので長く使うほど差が出ます。
また手数料もトレーダーズ証券はミニ1往復210円に対し楽天は105円と半分になっています。

私もトレードスタジアムが使用料無料の時に戦略作成を試みたのですが、過去データが2007年2008年の2年間しかなく、2年間のバックテストで利益が10,000円位あるのにスリッページと手数料を引くとほとんど使い物になりませんでした。理由は、ボラが大きくトレンドが出た時は良いのですが、トレンドがでないと利益がでません。
そういう意味では、市販のトレードスタジアム用の自動売買ソフトは2009年は苦戦しているのが多いようです。

それから、トレードスタジアムはローソク足が完成しないと注文されないことだと思います。
その点、オートマネー225Vは、サインが出た瞬間に発注するのでスリッページが低く抑えられているそうです。

詳しくは、株式会社トレード・システムズのページを見てください。

自動売買は、午前9時前にパソコンの電源を入れソフトを起動しておくだけなので、サラリーマンにもできますしパソコンに張り付く必要もないので時間を有効に使えます。

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

またまた大暴落

1月7日高値9340円から23日夕場安値7560円。12営業日で1780円(19.05%)の大暴落。まさか、まだ裸売りなんぞしている人はいないでしょうね? 裸売りは退場への近道ですね。

11月限SQ確定

11月限SQ 8,628円。SQまで持っていた場合の損失852円。
最大プレミアムは、10月10日1,900円。可能性として最大損失は1,880円(188万円)になる事もあります。(受取りプレミアム20円を差し引き)

9月4日時点の日経225終値は12,557円なので、かなり離れたプット9,500円がインザマネーになるとは考えらず、必ず利益になるとの思い込みがあったと思われる。

99回の勝率があったとしても、1回の損失で利益を全て失う可能性もありえる。
また、100回目に負けが来るとは限らず、20回目に負けが来たらその時退場ということもある。
今回は、オプションを初めてすぐに負けた人もいたようです。

それでは、損切りをすれば良いのだろうか。いや、ギャップダウンが大きいと損失が予想以上に大きくなり、損切りできずに更に損失を大きくしてしまうこともある。

裸売りで10円から20円の利益を目指したものが、とんでもない損失になる事もある。
相場は、年1・2回の大きな変動があるので、裸売りは勝率が高くても非常に危険な手法です。
プロフィール

toronop

Author:toronop
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。